商品情報にスキップ
1 8

いっとうもの

マルツボの「パープルスイートロード」紫芋 減農薬特別栽培 茨城県産 大小混在約3kg【紫色のさつまいも】*常温便 *送料込

通常価格 2,500 円
通常価格 セール価格 2,500 円
セール 売り切れ
税込み。
■発送日につきましてご確認下さい。※毎週火曜日締め

パープルスイートロードの裏話が載ってる?ブログについてはコチラから▶

 

マルツボが減農薬栽培でつくりキュアリング加工で貯蔵するこだわりのつまる紫芋 パープルスイートロード

【ご確認下さい】
※送料込み価格です。尚、沖縄・離島へは別途+770円、北海道九州へは別途+330円がかかります。


商品名:茨城県産 減農薬・特別栽培 紫色薯『パープルスイートロード』 約3kg 7〜20本 大小混在
賞味期限:7〜14日間
保管方法:温度変化のない場所

マルツボの紫芋パープルスイートロード
紫芋パープルスイートロードの特徴

紫芋のアントシアニンを活かした料理

紫芋パープルスイートロードを減農薬栽培で作っている茨城県のマルツボさん
紫芋の特性を生かしたスイーツも美味
マルツボではさつまいもをキュアリング加工して貯蔵しております。
紫芋と言えば古くから染物の材料として良く使われておりました。色の成分アントシアニンが豊富で、抗酸化作用が期待できる栄養素としても優秀です。
この『パープルスイートロード』はそんな紫芋の中で、革命児という位置付けであるといっても過言ではありません。今までの紫芋との大きな違いはその味。名が表している通り、甘さを感じられます。しかも甘藷由来の、あの和菓子のような甘さ。
熱を加えるとなお美味くなります。身質はちょっとゴリゴリとしているので、揚げ物や煮物に向きます。
今シーズンも土中でストレスなく、じっくりと育ったような立派な姿の『パープルスイートロード』を堪能いたしました。薄くスライスして素揚げしたポテトチップスが抜群の味。たっぷり3キロ分楽しめます。(黒田)。


 
お買い物ガイドを開く

商品のお問い合わせはこちらから

お問い合わせはコチラから

商品などに関するお問い合わせはコチラから

※お名前、メールアドレスは必須となっておりますので、ご記入の上お問い合わせください。24時間以内にご返信いたします。

配送につきまして

■ 発送は予約商品を除き、ご注文から2~7日の間で発送をさせて頂きます。

■ 予約商品は商品ページ内に記載がございます。発送予定日が決まりましたら、改めてメールにてお伝え致します。

■ お届けは、メール便を除く通常便に関しましては、北海道、九州、沖縄地区へは翌々日、その他の地域へは翌日到着となっております。

■ 配送温度帯はクール便(冷蔵便・冷凍便)、常温便(通常便)、メール便(ゆうパケット便)がございます。
■ 商品名の後方に配送温度帯が記載されておりますので、目安としてお使い下さい。
配送は生産地ならびに流通拠点から行われます。配送業者は各地契約の業者(ヤマト運輸・佐川急便・ゆうパック・ゆうパケット便)で行います。

■ 出荷後は、完了メールをお送りさせて頂きますので、記載の伝票番号にてお荷物の追跡などを行えます。尚、お客様のご都合により受け取りが行われず、長期配送業者保管となった場合、生鮮品を取り扱っている都合上、商品の品質を保証しかねる場合がございますので、必ず完了メールをご確認くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。
※ 携帯メールでのご連絡の際、通知可能設定に[@ittou.biz]のドメインの追加をお願い致します。(info@ittou.bizというアドレスからメールを送信いたします。)
設定されず通知拒否をされている場合は、メールでのご連絡が出来ませんので一度ご確認のほどを宜しくお願い致します。

  • 日付のご指定に関しまして

    いっとうものでは旬の僅かな時期にしか取れない希少な生鮮品を取り扱っております。その為、ご指定の配達日にお届け出来ない場合がございます。 また、旬が来ましたら順番に発送致します予約販売商材も取り扱っております。その場合は、日付のご指定を頂いてもご対応いたしかねる場合がございますので、合わせてご了承のほど宜しくお願い致します。 詳しくは商品ページ内にございます「商品情報」をご覧くださいませ。

  • 領収書に関しまして

    領収書がご入り用の際は、ご注文の際にご要望としてご記入いただくか、メールにてご注文番号とともにお伝えください。

    メールにて領収書をご返信いたしますので、印刷してお遣い下さい。

  • 旬と生産者といっとうもの

    こちらの商材に関しての裏話や旬のあれこれ、生産者さん情報、産地取材などお伝えするブログです。

    ぜひご覧ください。

    商品の裏話はコチラから